エッセー(Safe keys)

アクセスカウンタ

zoom RSS 2部ー673,674

<<   作成日時 : 2017/06/17 11:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 673(1986・8・19)

 社会的に発達しているとは、女性にとって安全で住みやすく、生産的に活動しやすくなっているが、反面法律という小姑によって身動きが取りづらくなっているということ。



 674(1986・9・6)

 我々の時代の文明を象徴しているのは、合理性、便利さ、機能性があげられる。都市はそれらを最も具体的な形で現したものである。そして我々は都市の構造に順応していく。
 都市が人々にそのように仕向けることで、人々は都市生活における精神分業を始めさせられると同時に、都市の肌触りを通じて人間にある種の感覚を磨き上げさせる。
 しかしこれらのことは、人間の本質から大きく乖離している。
 人間の本質を探るとき、歴史を乗り越えてきた宗教に注目してみる。宗教の教義はよくできているが、それが前面に立って民衆を導いてきたのではない。それは人間の本質的な傾向に合わせるように、捨て去ることのできない感覚に合わせるように作られたから残ってきたのである。
 それに対して、都市はそのようなものを不必要だと判断するか、重要視しないか無視する。しかし都市の持つ価値観は、十分に人間的ではないから、都市を象徴する価値観を追求す
ることで、人々は知らぬ間に破滅へと導かれる。つまり自己のうちに自身に執着する構造が出来上がってしまい自己完結してしまうのだ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2部ー673,674 エッセー(Safe keys)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる